BLOG

The Knowing Way Japan
BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 私たち人間存在の概要を英語と日本語で紹介します。 An Overview of our Human Beingness in English and Japanese

私たち人間存在の概要を英語と日本語で紹介します。 An Overview of our Human Beingness in English and Japanese

I believe it is critical during this time to begin to use the Akashic Records for insights into the individuals who are shaping our collective destiny. The historical records of individual timelines in some cases are not complete, especially as to intentions. In the Records, our intentions are the primary energy around which details of manifest reality form. The fact that most individuals are, for the large part, unaware of their core intentions does not make them immune to unfolding conditions and circumstances. The ancient idea of karma is rooted in this notion. If an individual is conflicted, the time lag between their intention and outcome is exaggerated; if an individual is relatively free of conflict, an innocent, the manifestation period is condensed into the now. So …. Intention minus conflict equals immediate manifestation, therefore, if there is no conflict, there is no karma.

 

Our personalities began forming with the first human incarnation and are further reinforced with each of his successive incarnations. A human personality/ego is held within the energy of the soul and shared with the spirit through their collaboration. The Id (the cessation, or fulfillment urge) is a combination of genetics/epigenetics and the retained strategies of the human spirit. When a human steps out of a timeline (dies), the soul, as a non-linear time-based being, immediately moves into the next timeline; the spirit, as a linear time-based entity, enters into the Guf. In Jewish mysticism the Chamber of Guf, also called the Otzar (Hebrew for “treasury”), is the Treasury of Souls, located in Seventh Heaven, awaiting a new opportunity to collaborate in a human body with an eternal soul.

 

A moment of overview:

• Our eternal souls can be likened to a singular cell within the consciousness of the creator and have existed from the beginning. • Our eternally constant souls do not learn, they observe and retain as a means of spreading life to new systems as they transmigrate the universe. • Our eternal souls transmigrate from system to system observing creation. Every moment from every system our souls have explored is recorded. In a system such as the dimensions of Earth, our souls pair with harmonically similar souls to ensure our escape from the dense energies of dimensional reality. • Our eternal soul enjoins with another eternal soul of similar harmonics to plan a series of timeline incarnations. When two souls enjoin, two oversouls are created. Each soul becomes an oversoul of their planned incarnation timelines. This is what is referred to as Twin Souls. • Our evolving spirits begin when two separate single-celled lifeforms enjoin as a means of ensuring a greater lifespan in quickly changing conditions. Most human spirits are millions of years old and have taken every form of life as they evolve – plant and animal. • Our evolving spirits learn as they build strategies and retain the intention/outcome information of those tactics from incarnation to incarnation. • Our human spirit’s integration of strategies from lifetime to lifetime depends on the depth of inner conflict an individual denies at the end of a timeline and brings that denial into a new incarnation. • Our human spirit imposes these continuing conflicts upon the new human genetics through a system of switching certain genes on or off. This is referred to as epigenetics. • Our human bodies are instinctually intelligent, intuitive, in that, our human forms are ninety-days precognitive (like all other animal forms).

 

A side note: The Id (a set of uncoordinated instinctual desires) resides with the human body, whereas the ego (organizes the spirit’s collective experience and mediates, between the instinctual desires of the id and the critical super-ego) resides within the spirit and the personality (sometimes called the superego) resides with the eternal soul. (Freud almost got it right – a little humor).

 

There are two sets of records for a human – the spirit path and soul path. When I give an Akashic Records reading of an individual’s incarnations it is usually done from the soul’s path as oversoul and then the harmonic connection they have with each evolving spirit of a given timeline. The average incarnations for an eternal soul is around 350. There is no average of human incarnations that can be easily known for an evolving spirit – they can measure in the tens of thousands. It is rare that an eternal soul will incarnate with the same evolving spirit more than once. When that does happen, we get a life expression such as the 14th Dalai Lama.

 

When an eternal soul collaborates with an evolving spirit, the essence of the soul excites certain strategic tendencies within the evolving spirit for that incarnation period. This gives elastic and ever expansive boundaries to the personality. Depending on how the physical body is configured and chemically wired through genetics, the personality is allowed a range of abilities that express out through the human body. Further, the culturally consensual expectations set by gender, family configuration and core beliefs, friends and work associates, community, and geography further awaken aspects of the personality.

 

In working with the Akashic Records, we can see how timelines energetically intersect through an individual’s retained abilities and ever-expanding conscious awareness within the progression of incarnations. Human spirits almost always reincarnate through similar bloodlines and spirit gatherings. This ensures a sense of belonging and security through similar genetic harmonics. Souls do not need that connection of belonging and they usually incarnate within individuals from their soul group. Any soul from a soul group would be considered a soul mate.

 

この時期に、私たちの集合的な運命を形づくる個々人への洞察のために、アカシックレコードを使い始めることが非常に重要だと信じています。個々人のタイムライン(転生)の歴史的記録は、特に意図に関しては、完全ではない場合があります。アカシックレコードでは、私たちの意図は現実化される現実の詳細をつくる主要なエネルギーです。大半の人が、自分の核となる意図にほとんど気づいていませんが、だからといって(現実が)展開されていく状況や環境が影響されないわけではありません。 古代におけるカルマの考えは、この見解に根ざしています。もしある人が葛藤を持っている場合、意図と、その意図が現れる間の時間のズレはとても大きくなります。一方、比較的葛藤が少なく無垢な場合、現実化までの期間は今に凝縮されます。したがって、意図から葛藤を差し引いたときに、葛藤がなければ現実化は即座に起こりますし、カルマもありません。

 

私たちの人格は最初の人間としての転生から形成され始め、その後に続く一連の転生のたびに一層強化されていきます。人間の人格/自我は魂のエネルギーの中に保持され、それらのコレボレーションを通じてスピリットと共有されています。イド(やめるか遂行するかの衝動)は、遺伝的性質/エピジェネティックスと人間のスピリットが持ち続ける戦略の組み合わせです。人がタイムラインから出る(亡くなる)と、非直線的な時間の概念を持つ魂は、すぐに次のタイムラインに移動します。一方、直線的な時間の概念を持つスピリットは、ガフの中に入ります。ユダヤ教の神秘主義では、ガフの部屋はオツァール(ヘブライ語で宝庫を意味する)とも呼ばれ、第七天に位置する魂の宝庫であり、スピリットは永遠なる魂と人間の身体で協働する新たな機会を待っています。

 

概要:

· 永遠なる魂は創造主の中の一つの細胞のようなもので、始まりから存在しています。  

· 永遠不変の魂は学習するのではなく、宇宙を移動し、新しいシステムに生命を広げる手段として観察し、記憶を保持します。

· 永遠なる魂は、創造を観察しながらシステムからシステムへと移動していきます。魂が探索した全てのシステムにおける全ての瞬間が記録されています。地球の次元のようなシステムでは、魂はハーモニクスの類似した魂とペアを組み、次元現実の密なエネルギーから確実に脱出できるようにします。

· 永遠なる魂は類似したハーモニクスを持つ魂と結合し、一連の転生のタイムラインを計画します。2つの魂が結合するとき、2つのオーバーソウルが作られます。それぞれの魂は計画した転生のタイムラインのオーバーソウルになります。これが、ツインソウルと呼ばれるものです。

· 進化するスピリットは、2つの別々の単細胞の生命体が急速に変化する状況のなかでより長く生きるための手段として合体した時に始まります。ほとんどの人間のスピリットは何百万年も生きており、植物や動物など、あらゆる生命形態を取りながら進化してきました。

· 進化するスピリットは戦略を立て、転生から転生へと、立てた戦略の意図と結果の情報を保持しながら学んでいきます。

· 人間のスピリットが転生から転生へと戦略を統合していくかは、転生の終わりに内なる葛藤を否定し、新しい転生に持ち込むその否定した葛藤の深さによります。

· 人間のスピリットは、特定の遺伝子をオンまたはオフに切り替えるシステムを介して、新しい人間の遺伝的性質にこれらの継続的な葛藤を課します。これがエピジェネティックスと呼ばれます。

· 人間の肉体は本能的に知性があり、直感的であり、他の全ての動物と同様に90日先までを予知することができます。

 

補足:イド(一連のまとまりのない本能的欲求)は人間の体に存在するのに対し、自我(スピリットの集合的な経験をまとめ、イドの本能的欲求と批判的な超自我の間を仲介する)はスピリットに存在します。人格(ときに超自我と呼ばれる)は永遠なる魂に存在します(フロイトはほとんど正しく理解していましたーちょっとしたユーモアですが)。

 

人間には、スピリットと魂のたどってきた道、2つのレコードがあります。私が個人のアカシックレコードをリーディングするとき、通常はオーバーソウルとして魂の道からみます。それから、それぞれの転生における進化するスピリットとの調和的つながりをみます。永遠なる魂の転生回数の平均は約350回です。進化するスピリットの平均回数は容易に知ることはできません。数万回と数えることができるでしょう。永遠なる魂が同一の進化するスピリットと複数回転生することは稀です。そのようなことが起きると、ダライ・ラマ14世のような生き方として表現されるでしょう。

 

永遠なる魂がスピリットと協働するとき、魂の本質は、その転生期間における進化するスピリットが持つ特定の戦略傾向を刺激します。これにより、人格の境界線は弾力性を持ってこれまでになく広がります。どのような身体的特徴を持ち、遺伝を通してどのように化学反応システムが配線されているかにより、人格が身体を通して表現する能力の範囲が決まります。さらに、性別による文化的に合意された期待や家族構成、信条、友人や同僚、地域社会や地理が人格の側面をさらに目覚めさせます。

 

アカシックレコードをよむと、転生を繰り返し進めるなかで、個人が保有する能力と常に拡大し続けている感覚意識を通して、タイムラインがどのようにエネルギー的に交わっているかを見ることができます。人間のスピリットは、ほとんどの場合、同じような血統やスピリットの集まりを通して生まれ変わります。これにより、似たような遺伝的ハーモニクスを通して帰属感と安心感を得ることができます。魂はそのような帰属感を必要とせず、通常は同じソウルグループのメンバーと転生します。同じソウルグループの魂はすべてソウルメイトとみなされます。

 

 


ノウイング・ウェイ・ジャパン
ニュースレター&メルマガ登録フォーム

イベント情報など、最新の情報をお届けいたします。

【ご注意事項】@nifty、@docomo、@ezweb、@yahoo、@ocnのメールアドレスにお知らせが届きにくくなっております。大変お手数ですが、他のメールアドレスをご使用いただくことを推奨いたします(Gmailに関しましては比較的受信のトラブルはありません)
 

関連記事

メールマガジンを登録する

 


ノウイング・ウェイ・ジャパン
ニュースレター&メルマガ登録フォーム

イベント情報など、最新の情報をお届けいたします。

【ご注意事項】@nifty、@docomo、@ezweb、@yahoo、@ocnのメールアドレスにお知らせが届きにくくなっております。大変お手数ですが、他のメールアドレスをご使用いただくことを推奨いたします(Gmailに関しましては比較的受信のトラブルはありません)