KNOWING & AKASHIC

ノウイングとは何か?
アカシックレコードとは何か?

THE KNOWING WAY
叡智の道

今から、5 万年以上前に、レムリアの文明が地上にもたらされ、それ以降、創造の神秘に関する叡智は真の賢人たちの手によって守られ受け継がれてきました。その原初の叡智がアトランティス文明を経て、今現在ある多くの神秘主義的教えの基盤となりました。一方その叡智は、年月を経るうちに人々の手によって少しずつ編纂を加えられ、その真髄を失ったまま、数々の霊的な教えとして人々に伝えられるようにもなりました。そして、それとともに一部の人々が自らの権威を増大させ、それを死守するために他の多くの人々をコントロールするという社会の図式ができあがったのです。人々は、

叡智(ノウイング)は、人を自由と解放に導く・・・

ますます自分自身がユニークな輝きを持つ霊的な魂であるという事実を記憶の深い眠りの中へと留まらせ、人生に起こる出来事に手も足もでず、悲しみや苦しみ、痛みや怒りを抱えたまま生きることが自分のあり方であると信じるようになってしまいました。

けれども今、「分離」の時代から「ユニティ」の時代へと移行する流れの中で、私たち一人一人が、自分自身の全体性、より大きな創造の世界の中での自分を思い出すことを選択する時期に来ています。

ここ数十年、世界中のあちらこちらで、スピリチュアリティや霊的、心的能力などに関する様々な活動が行われ、情報が明らかにされる、あるいは、それまでまったく関心のなかった人々がスピリチュアルな事柄に興味を持ち始め、非日常的な不思議な出来事や神秘体験を経験するようになったのも、その流れの顕れです。

アカシックレコードによれば、アトランティスは世界的な文明であり、その中心はオスシーラの谷(現在の地中海)にあったと記録されています。アトランティスには12の部族があり、各部族がそれぞれピラミッドを有していました。そして、1万3千年前に「ユニティ」の時代から「分離」の時代へと移り変わるとき、彼らの持つ叡智の保存場所としてピラミッドを利用し、アトランティスとレムリアの少数の目覚めた人たちが、その叡智を守り伝えてきたのです。

そして、その叡智こそが、ノウイングスクールの核となるものでもあり、必要のない重荷からあなたを解放し、あなたの可能性を最大限に引き出す教えなのです。

 

永遠を旅するこの魂は無限の可能性と広がりをすでに持っている

古より、多くの霊的な教えにおいて真理の探究者は、「汝自身を知れ」という命題を与えられます。この命題を解き明かすことは、魂としての自己表現、真の自己実現へと人々を導きます。

それは、大いなる創造の普遍的な源へと回帰していく、叡智の道です。私たちの魂はユニークであり、すでに完璧です。損なわれることも穢されてしまうこともありません。永遠を旅するこの魂は無限の可能性と広がりをすでに持っているのです。

私たちに求められているのは、それを思い出すことです。そのことに深く気づけば気づくほど、その歓び、至福は、尽きせぬ泉のように存在の営みからの大きな流れとなって私たちを満たします。

健康や豊かさ、そして、子供のように純粋で無垢な歓びと創造こそが、あなたの真実です。あなたにはそれらのすべてを手に入れる価値があります。そして、魂の純粋さと歓びとともに生きるあなたは、あなたが触れるすべての人やものへとその至福の光を放射することになるでしょう。

 

永遠不滅の魂のエネルギーが進化する肉体に宿っている存在=人間

私たちはレムリアと呼ばれる古代、創造の源と一つになった時代を体験しています。
その時の叡智が『ノウイング』と呼ばれるもので、私たちの中に既に備わっている叡智なのです。
では具体的にどういうことかというと、「永遠不滅の魂のエネルギーが進化する肉体に宿っている存在=人間 」
これが『ノウイング』の核になる概念です。

創造の源と同じエネルギーが、全ての人間の内側にはあるのです。
その魂のエネルギーと肉体のエネルギーが統合され一つの表現をし始めた時、私たちは全体性を取り戻し、創造の源のエネルギーとして
この人生を「自分で創り出す」ことが可能になります。

この世界の仕組み・自分自身の仕組みがどうなっているのかということを、学び、実践し、真に腑に落ちる体験をしていくならば
あなたは自分自身の本質を生き、自分の人生を自分でクリエイトしていくことができるのです。

 

 

 


ノウイング・ウェイ・ジャパン
ニュースレター&メルマガ登録フォーム

イベント情報など、最新の情報をお届けいたします。

【ご注意事項】@nifty、@docomo、@ezweb、@yahoo、@ocnのメールアドレスにお知らせが届きにくくなっております。大変お手数ですが、他のメールアドレスをご使用いただくことを推奨いたします(Gmailに関しましては比較的受信のトラブルはありません)