「THE KNOWING WAY」
叡智の道
人間とは、
永遠不滅の魂と
進化する肉体に宿っている存在である。
『ノウイング』とは、
私たちの中に既に備わっている
叡智です。
あなたは自分自身の本質を生き、
人生をクリエイトしていくことだけで
充分なのです。
「Who Am I ?」
私は誰か?
全ては、その問いかけから始まる。

叡智は人を自由と解放に導く。
あなたを目覚めへと導き、
そのプロセスをサポートします。
 

私たちの魂はユニークであり、すでに完璧です。損なわれることも穢されてしまうこともありません。
永遠を旅するこの魂は無限の可能性と広がりをすでに持っているのです。

その古代より守り伝えてきた叡智・ノウイングはあなたを大いなる創造の普遍的な源へと回帰させ、あなたの可能性を最大限に引き出すものなのです。

〜Newイベント情報〜

ノウイングという叡智で真の自分に目覚める。
ノウイング・ウェイ・ジャパンでのオンラインイベントの情報です。

 

 

 

 

ゲリー・ボーネル

<ゲリー・ボーネルよりメッセージ>

〜受講生・卒業生の皆様、セッションを受けられた皆様、友人たちへ〜

私たちのヴィジョンは、一人ひとりが、人生の旅において自身の最も大いなる可能性を探求していくことをサポートすることです。

過去数十年にわたりご提供してきたノウイングの教えは、12500年前に人類の集合意識が二元性のサイクルに入ったときに終わりをむかえたアトランティス文明の知識を今の時代に即して編集したものです。

The Knowing Wayのヴィジョンは、このアトランティスの叡智をより深く拡大したレベルで開示し続けることです。私たちは「地球における人間であることの意味」について、基本的な知識、進んだテクニックや、さらに理解を深めるアドバンスの内容をクラスやワークショップを通じて引き続きご提供していくことを目指します。

「自分自身とは何か」

つまり三層からなる各存在が協働し合っているのが自分だと理解した時、私たちは純真無垢で葛藤のない意図そのものである現実を生き始めることができます。
そして、このようにバランスがとれたなら、目覚めを人生における自然な状態として受け入れます。自己の本質である三層からなるマインドを大きな愛をもって受け入れ、そして自ら展開し広がり行く存在として、私たちはこのマインドを現実化していくのです。

私たち

ノウイング・ウェイ・ジャパンは、古より「創造の叡智」として限られた賢⼈たちによって受け継がれてきた原初の叡智を基盤とした、根源的な⽣き⽅を個⼈が人生に取り入れることを⽬的として活動しております。

神秘の叡智について体系的に学び実践することによって、ボディ・マインド・スピリットの総合的なバランスを⾒出し、維持し、⼈⽣において⾃分自身の持つ能⼒と可能性を最⼤限に発揮する⽅法についての学びと実践を伝えます。
 
 

About US

イベント

イベント・ワークショップでは、ゲリー・ボーネルが50年以上の研鑽により培った叡智を元に自己認識・自己覚知・覚醒へと至る道について、毎回人々の意識の変化などに合わせて新しい情報とワークをご提供いたします。
叡智(ノウイング)とは、過去の賢人たちの手によって守られ受け継がれてきた、今現在ある多くの神秘主義的教えの基盤となったものです。
あなたを縛っている重荷から解放し、あなたの可能性を最大限に引き出す教えをお伝えします。
 
 
 

イベント・ワークショップ

個人セッション

主にアカシックリーディング個人セッションを提供していきます。アカシックレコードとは、アカシャとも呼ばれる宇宙のデータバンクのことです。
過去や現在、未来の細かい情報を探究するためのもので、これらの情報は普通の思考プロセスでは、なかなか手に入りにくいのです。
 
セッション中に探るテーマは、常に相談者自身から気になっている問題を質問していただいことを中心にとりあげていきます。
 
 
 

個人セッション

よくいただくご質問

ノウイング・ウェイ・ジャパンに関して、よくいただくご質問をまとめました。
お申し込み、個人セッション、イベント・ワークショップなど

よくいただくご質問

 

 

〜アカシックリーディング認定制度〜

ノウイングスクール本科卒業・アカシック専門コース卒業されました方がご受験いただけます。

 

〜アカシックオンライン体験会〜
クライアントさま募集中

 

 


ノウイング・ウェイ・ジャパン
ニュースレター&メルマガ登録フォーム

イベント情報など、最新の情報をお届けいたします。

【ご注意事項】@nifty、@docomo、@ezweb、@yahoo、@ocnのメールアドレスにお知らせが届きにくくなっております。大変お手数ですが、他のメールアドレスをご使用いただくことを推奨いたします(Gmailに関しましては比較的受信のトラブルはありません)